昔からのファン

衰退を感じる日本の歌

日本を代表する音楽といえば何をイメージされるでしょうか。昔から日本には演歌という音楽文化がありますよね。最近では洋楽や他ジャンルの様々な音楽があり、演歌を音楽ランキングなどで見かけることは少なくなったような気もします。 他ジャンルの音楽の参入により、若者世代の演歌離れは深刻な状況にあります。携帯できる音楽プレイヤーの中に演歌を入れている若者はどれくらいいるでしょうか。しかし、そんな危機的状況でも希望の兆しもあります。 話題になったのは外国人の演歌歌手の出現です。外国人でありながら素晴らしい演歌を披露しました。これにより若者の再度演歌への注目が集まりました。今後このような外国人歌手の出現が増えていくことも予想されます。

心に響く歌を次の世代へ

演歌の特徴は、男女間の心情や恋愛などの描写が比較的多いと感じられるのではないでしょうか。男女の別れや恋愛感情といった歌詞が登場する場面が非常に多くありますよね。また歌い手の衣装が華やかな和服が多い点もあげられます。まさに日本を象徴する歌といえるでしょう。 歌い方にも特徴があります。小節という独特の技法によって歌われます。それと同時に、深めのビブラートもよく用いられます。ですから非常に高度な歌唱力を必要とするかもしれません。注意しないと、素人がカラオケなどで歌おうと思った時にはその壁を感じるかもしれません。 心に響く歌詞やその歌唱力は、日本の財産ともいえるでしょう。これからの世代にもその良さを伝えていくために工夫が必要になります。